コラム

ビルメンテナンスの設備管理について

こんにちは!埼玉県春日部市に事務所を置き、ハウスクリーニングやビルメンテナンスを手掛けております株式会社ビルメンコーセンです。
ビルメンテナンスには設備管理という業務があることをご存じでしょうか。
今回は、ビルメンテナンスの設備管理について、どういった業務なのかをご紹介いたします。

ビルメンテナンスの設備管理とは


ビルメンテナンスの設備管理は、電気通信設備などの点検およびメンテナンスが業務内容です。
電気通信設備や空調設備、給排水設備などが安全に運転できるように、定期的に点検やメンテナンスを行います。
それだけでなく、設備に不具合が生じた場合の原因究明や、専門の業者を手配するなどの業務も含まれるでしょう。
専門の業者に依頼する場合には、工事に立ち会い記録作業も行います。

設備管理に役立つ資格

ビルの設備管理業務には、電気関連や空調関連など設備ごとの有資格者が必要です。
近年は、ビルの設備機器はコンピュータによる一括管理が増加し、システム化してきています。
そうすることによって設備機器全体の知識が必要となり、「ビル設備管理技能士」が誕生しました。
ビル設備管理技能士は、ビルメンテナンス設備の一定の管理技能を認定する国家資格です。
資格を取得することでスキルアップにつながり、より活躍の幅が広がるでしょう。

24時間体制のビルメンテナンス

ビルメンテナンスでは、24時間勤務のケースがあります。
そのため、常にコンディションを整えて、高品質なメンテナンスを行うためには自己管理が大切になります。
例えば、24時間勤務では間に仮眠時間を取ることがあるでしょう。
仮眠時間にはしっかりと休んで、仕事中に集中力を切らさないように自己管理を徹底することが欠かせません。
このように、ビルメンテナンスの設備管理は、24時間体制で行われているケースもあることも覚えておきましょう。

【求人】新規スタッフを募集中!


株式会社ビルメンコーセンでは、ビルメンテナンスなど弊社業務に携わっていただけるスタッフを募集しております。
弊社では、資格取得支援制度を設けております。
そのため、仕事をしながら、資格を取得してスキルアップすることが可能です。
また、弊社では、正社員としてだけでなくアルバイトとしても働けるため、自分に合った働き方ができます。
ビルメンテナンスやハウスクリーニングなどをやってみたい方は、ぜひ弊社にご応募ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。